人生の先輩からの言葉が聴ける。

社員研修は何のために?

会社に入社すると、何らかの形で受けることになる社員研修。その目的は仕事のノウハウを学ぶことだけだと思っている方は実は多いのではないでしょうか。
もちろん社員研修の中で仕事を効率的に進めるためのノウハウを学ぶことができます。しかし学べるのはそれだけではありません。そもそも私たちはなぜ働くのでしょうか。一般的には働くことで給与を得て、生活するためです。生活することを言い換えるなら人生を歩むこととも言えます。すなわち私たちは自分の人生をより豊かにするために、働くという選択肢を選んでいるのです。無論、仕事だけが人生ではありません。仕事はあくまで人生の一要素です。そんな仕事の中で行われる社員研修で講師を務めるのは、人生経験を積んだ人生の先輩です。講師の話の中には仕事だけではなく、人生をより豊かにするためのヒントがたくさんあります。

研修では人生の先輩から直接話が聞ける

社会人生活を営む上でぶつかるであろう困難を人生の先輩方は乗り越えています。
それは仕事上の困難であり、日常生活における困難も含まれています。社員研修ではそうした困難をいかにして乗り越えてきたか、直接話を聞くことができます。それらを糧にできれば、仕事だけではなく、日常生活も、すなわち人生の一部を豊かにできると思いませんか?
社員研修にはこのように仕事のノウハウだけではなく、よりよい人生を歩むための知恵がたくさん詰まっています。講師の話を聞くだけという受動的な姿勢で研修に臨むのではなく、人生の先輩にたくさんの質問を行い生きる知恵を身に着ける。このような積極的な姿勢こそが社員教育に臨む理想的な形ではないでしょうか。